kekkonsikinheikin結婚式や披露宴、ハネムーンや新居での生活、結婚するには様々な費用が必要となりますが、実際に必要となる結婚式はどのくらいなのでしょうか?結婚資金の平均額や用意しておくと安心できる金額について当記事でご紹介していますので参考にしてみて下さい。

結婚資金の必要平均額は444.2万円!

ゼクシィ結婚トレンド調査によると、婚約~新婚旅行までにかかる費用は全国平均で444.2万円という結果になっています。地域によって差がありますが、北海道や沖縄を除いた地域では400万円~は必要とされている様です。

特に平均額が高い地域は東海地方や首都圏・北陸地方等が挙げられており、これらの地方は華やかな結婚式を行われる方が非常に多い事から平均額が他よりも高くなっています。

北海道に関しては会費制披露宴が基本となっているので、平均額は275.9万円という結果に落ち着いています。

 【出展:結婚費用の項目と相場|親心ゼクシィ

用意しておきたい金額は?

結婚資金の平均額は予想以上に高かったのではないでしょうか?では、最低でも用意しておきたい結婚し金額はどれくらいの額になるのでしょうか。

実際に新郎新婦二人で貯蓄しておくべき金額は250万円~300万円あれば十分やっていく事が可能でしょう。何故必要平均額が400万円以上必要なのに、貯金額は250万円~300万円あれば十分なのでしょうか?

まず結婚資金の大半を占めているのが挙式・披露宴費用で、444.2万円に対して挙式・披露宴費用は343.8万円という結果が出ています。しかし、343.8万円全部を新郎新婦の貯蓄から支払う必要はなく、親の援助資金とご祝儀によって実質実費負担する額は100万円代にまで落とす事が出来ます。

もし挙式・披露宴費用に100万円を実費で支払うとすると、残りの150万円~200万円の貯金はハネムーン費用と新生活費用に充てる事が出来るので、250万円~300万円あれば十分余裕を持つ事が出来るわけですね。

◆二人で250万円~300万円の貯蓄があれば十分!

もしこれだけの貯蓄額を用意出来ない場合は、親の援助資金で結婚式で必要となる費用や新生活の費用を助けてもらったり、結婚式に呼ぶゲストの人数を最小限に抑えたり、格安ウェディングを挙げて挙式にかかる費用を抑えたりする事で、挙式後の新婚生活に供える事ができます。

◆最低でも二人で100万円~150万円の貯蓄はしておこう!

最低でも二人で100万円~150万円の貯蓄をしていれば格安ウェディングを挙げる事で新婚生活に必要な金額を確保しておく事が出来ますね!

新生活に必要なお金はどれくらい?

挙式・披露宴を済ませたのであれば次に取り掛かる事は新生活の準備です。新生活をするには家を借りる為に必要な敷金・礼金・家賃等の費用や家具家電を揃える費用、引越し業者に依頼する費用等様々な費用が必要とされていますが、実際に必要な金額はどれくらいだと思いますか?

これも地域によるのですが、平均は132万円と言われています。

しかし、家具家電を実家から持ってきたり貰い受けたりすればかなり費用を抑える事は可能になります。この平均額は家具家電も新品で購入した際の平均額になりますので、中古家具や中古家電を選んだり、敷金礼金無しの物件を選べば新生活にかかる費用を大幅に削減する事が可能となるはずです。

私の知り合いは敷金礼金ゼロ物件で中古家具家電を購入して新生活費用を60万円程度に抑える事が出来ていました。

節約できるところはどんどん節約して結婚資金を上手く使っていく事をオススメします!